2015/11/13

11/18:英米文学専攻 修士論文中間報告会のお知らせ

11月18日(水)に、三田キャンパスで、慶應義塾大学大学院 英米文学専攻 修士論文中間報告会が、下記のとおり開催されます。大学院巽ゼミからは、池邉遥香さん、上田裕太郎さん、内田大貴さん、宇野藤子さん、坂雄史さんがご発表されます!

慶應義塾大学大学院 英米文学専攻
修士論文中間報告会
日時:2015年 11月18日(水)9:00-14:30
場所:三田キャンパス 大学院棟 325B教室
発表時間:1人30分(発表20分+質疑応答10分)
報告者:10名(英文学4名/米文学5名/言語学1名)

【プログラム】
イギリス文学
  • 09:05-09:35 大嶋野々花 天国と楽園:聖母マリア昇天日の説教にみる曖昧性
  • 09:35-10:05 高田萌 “Lucifer will Bear Thee Quick to Hell!”: Doctor Faustus as a Defamatory Drama
  • 10:05-10:35 長井薫 Literary Self-Canonization Project of Robert Southwell: Manuscripts as Relics
  • 10:35-11:05 新居達也 形象と差異の詩学-ジョン・リドゲイト『聖母の生涯』におけるテクストと身体性

アメリカ文学
  • 11:15-11:45 池邉遥香 Plus, Minus, Plath: Reading the Affect in Sylvia Plath’s “Daddy” and “Lady Lazarus”
  • 11:45-12:15 上田裕太郎 Gunsel as the Fall-Guy: Murders in Dashiell Hammett’s The Maltese Falcon
  • 12:15-12:45 内田大貴 Tourists in Exile: Humbert’s Aesthetic Displacement as the Transition from Modern to Postmodern
  • 12:55-13:25 宇野藤子 The Ugly Inheritance: Gilded Age America in Henry James’s The Ivory Tower
  • 13:25-13:55 坂雄史 Breathing and Hollow Land Returned: Western Aspects in Robert Penn Warren’s World Enoungh and Time

言語学
  • 13:55-14:25 第十早織 Study of Co-construction: Interaction on a Single Syntactic Gestalt