2015/03/18

文芸批評史 Ⅰ / II

文芸批評史 Ⅰ / II
2015年 春学期 水2(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
文学批評理論はきわめて学際的な分野である。現代に限っても、ロシア・フォルマリスムや新批評、脱構築、ひいては構造主義から新歴史主義やポスト・コロニアリズム、クイア・リーディングへ至る歴史において、文学批評は何よりも自らの属する枠組み自体をたえまなく再検討し、その結果、今日では文学史と文化史を切り離して考えることはできなくなっている。そこには、いかなる文芸批評史の流れが作用していたのかを、根本に立ち戻って考え直す。

【テキスト】
Robert Con Davis & Ronald Schleifer, eds., Contemporary Literary Criticism: Literary and Cultural Studies (Literary & Cultural Studies). 4th ed. New York: Longman, 1998.


【参考書】
 巽孝之『メタファーはなぜ殺される―現代批評講義』(松柏社、2000年)。