2014/11/16

11/18:英米文学専攻 修士論文中間報告会 開催

きたる11月18日(火)に、慶應義塾大学大学院 英米文学専攻 修士論文中間報告会が、下記のとおり開催されます。巽ゼミからは、上田祐太郎さん、冨塚亮平さん、坂雄史さんがご発表されます!

慶應義塾大学大学院文学研究科
英米文学専攻修士論文中間報告会
日時:11月18日(火)13:00-18:30
会場:三田キャンパス 南校舎1階412教室
発表時間:1人30分(発表20分+質疑応答10分)
報告者(9名):(米文学)上田、冨塚、坂(英文学)青柳、杉山、塚本、松村、守重、八巻

【プログラム】
アメリカ文学
  • 13:00-13:30 上田裕太郎 Drinking Detective: Alcohol, Prohibition and Speakeasy in Dashiell Hammett’s The Thin Man
  • 13:30-14:00 冨塚亮平 Friend as Beautiful Enemy: A Poetics of Distance in “Love” and “Friendship”
  • 14:00-14:30 坂雄史  Relocating the South: Sinking Down beneath the Water in Robert Warren’s Flood 

イギリス文学
  • 14:45-15:15 青柳萌里 19世紀末におけるキーツ需要の変遷
  • 15:15-15:45 杉山ゆき 世界の周縁から中心への眼差し ―チョーサーの『弁護士の話』の語りにおけるローマとイングランド―
  • 15:45-16:15 塚本紗織 無限の海に見える新世界:E. M.フォースターの救済としてのBilly Budd
  • 16:30-17:00 松村祐香里   “A man of hell, that calls himselfe Despayre”: The Reprobate in the Seventeenth Century and Milton’s Satan
  • 17:00-17:30 守重真雄  “We are a family of nations”: The Symbolic Reconciliations of the Divided Home in Stevenson’s Historical Novels
  • 17:30-18:00 八巻兼太郎  Reconcidering the Shakespearen Sublime in Ann Radcliffe: With Special Reference to The Mysteries of Udolpho and The Italian

<打ち上げ>
日時:11月18日(火) 19:00-21:00
場所:Vivra Vivre  (三田駅付近、マクドナルドの建物8F)
会費:4000円(料理全7品、飲み放題コース / 立食形式)