2013/03/01

文芸批評史I / II (2013)

科目名:文芸批評史 I / II
開講年:2013
曜日・時限:水2
単位:2(半期)
キャンパス:三田
担当教員名:巽孝之
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置研究科:文学研究科

授業科目の内容
文芸批評理論はきわめて学際的な分野である。現代に限っても、ロシア・フォルマリスムや新批評、脱構築、ひいては構造主義から新歴史主義やポスト・コロニアリズム、クイア・リーディングへ至る歴史ににおいて、文学批評は何よりもみずからの属する枠組み自体をたえまなく再検討し、その結果、今日では文学史と文化史を切り離して考えることはできなくなっている。そこには、いかなる文芸批評史の流れが作用していたのかを、根本に立ち戻って考え直す。

授業の計画
春学期
01:ガイダンス
02:文芸批評史講義・序説
03:現在批評の理論と可能性:新批評から文化研究まで
04:Davis & Schleifer, "General Introduction"
05:Part 1: What is Literary Studies?
06:Eliot, Frye
07:West, Graff, Viswanathan
08:Part 2: What is Literary Theory?
09:De Man, Miller
10:bell hooks, Ahmad, Said
11:Part 3: Rhetoric and Reader Response
12:Fish, Schweickart, Johnson, Moulthrop
13:Part 4: Structuralism and Semiotics
14:Saussure, Barthes, Marin, de Lauretis
15:前期総括:春学期レポート締切

秋学期
01:Part 5: Deconstruction and Poststructuralism
02:Culler, Derrida
03:Foucault, Belsey
04:Part 6: Psychology and Psychoanalysis
05:Lacan, Felman
06:Zizek, Mulvey
07:Part 7: Historical Criticism
08:Bakhtin, Williams
09:Greenblatt, Armstrong
10:Part 8: Feminism and Gender Studies
11:Fuss, Kaplan, Butler, Warner
12:Part 9: Cultural Studies
13:Hebdige, Hall, Clifford, Haraway
14:年間総括
15:後期レポート締切

テキスト
Robert Con Davis & Ronald Scheifer, eds. Contemporary Literary Criticism: Literary and Cultural Studies. 4th ed. New York: Longman, 1998.



参考書
巽孝之『メタファーはなぜ殺される―現代批評講義』(松柏社、2000年)