2017/04/02

学位論文リスト

慶應義塾大学大学院文学研究科
英米文学専攻

各最上段:学位論文
★:単著・共著
☆:審査制度付学術雑誌発表論文

*随時更新
*修正や更新がございましたら、お手数ですがこちらまでご連絡ください。

【博士論文】
常山菜穂子(慶應義塾大学法学部 教授) 2000年 11月

佐藤光重(成城大学文芸学部 准教授) 2000年 11月
  • “Puritan Baroque: The Transformation of Renaissance Intellectual Traditions in Anne Bradstreet, Edward Taylor, and Cotton Mather”
  • ☆ “The Puritan Hall of Fame: Anne Bradstreet and the Renaissance Art of Memory”『英文学研究』(English Number 2000)
  • ☆ 「フランクリンとアングロ・アメリカ帝国の夢−−印紙条例の成立前後に見る国民感情」『アメリカ研究』第 47号(2013年)

大串尚代(慶應義塾大学文学部 教授) 2001年 3月
  • “Babylon Sisters: Captivity, Hybridity and Trans-Subjectivity in the American Romance of Lydia Maria Child”
  • 『ハイブリッド・ロマンス−−アメリカ文学にみる捕囚と混淆の伝統』(松柏社、2002年)
  • ☆「美男再生譚―Lydia Maria Child の Philothea に見る性差混乱」『アメリカ文学研究』第 35号(1999年)
  • ☆ “A Legacy of Female Imagination: Lydia Maria Child and the Tradition of Indian Captivity Narrative,” The Japanese Journal of American Studies, no. 15, 2004
  • ☆ “Little House in the Far East: The American Frontier Spirit and Japanese Girls’ Comics,” The Japanese Journal of American Studies, no. 27, 2016

白川恵子(同志社大学文学部 教授) 2003年 10月
  • “Antebellum Monsters: Race and the Subversive Imagination in the American Narrative Tradition”
  • ☆ “The Paradox of Independence in Whitman’s Franklin Evans”『英文学研究』第 79巻第 1号(2002年)
  • ☆「魔女狩り、インディアン−− John Nealの Rachel Dyer とアメリカ(文学)の独立」『アメリカ研究』第 41号(2007年)

大和田俊之(慶應義塾大学法学部 教授) 2004年 3月

深瀬有希子(実践女子大学 准教授) 2007年 1月
  • “Blackness at the Crossroads: Toni Morrison and Multicultural Modernism”
  • ☆「『ソロモンの歌』にみる民族誌的自己成型−−パッシング・ナラティヴの一考察」『英文学研究』第 82巻(2005年)
  • ☆「ブラック・ネイティヴィティの運命−−「クロスロード・ナラティヴ」としての『パラダイス』」『アメリカ文学研究』第 42号(2006年)

波戸岡景太(明治大学理工学部 准教授) 2008年 1月
  • “A Menagerie of Representations: Thomas Pyncho’s Place between Postmodernism and Ecocriticism”
  • 『ピンチョンの動物園』(水声社、2011年)
  • ☆「犬たちの沈黙−−Mason & Dixon(1997)にみる表象の可能性」『アメリカ文学研究』第 41号(2005年)
  • ☆「動物たちの困惑−−トマス・ピンチョンのポストモダン・エコロジー」『アメリカ研究』第 41号(2007年)
  • ☆ “The Sea around Them: Thoreau, Carson, and The Crying of Lot 49,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 7, 2008

永野文香 2010年 3月
  • “Surviving the World’s End: Hiroshima, History, and Testimony in Kurt Vonnegut’s Nuclear Fiction”
  • ★(共著)Kurt Vonnegut (Bloom’s Modern Critical Views, Facts on File, 2008)
  • ★(共著)New York: A Photographic Album (Universe, 2009)
  • ☆ “Surviving the Perpetual Winter: The Role of Little Boy in Vonnegut’s Cat’s Cradle,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 2, 2004

辻秀雄(首都大学東京 准教授) 2011年 2月
  • “Hemingway, the Extraterritorial: Style of Relation and the Rise of Hardboiled Modernism”
  • ☆「初期ヘミングウェイ文学に登場する黒人ボクサーの系譜−−モダニズム的言語運用と異人種間性的関係のメタファー」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 67号(2006年)
  • ☆ “Queer Realism vs. Hardboiled Modernism: Henry James’s ‘The Beast in the Jungle’ and Ernest Hemingway’s ‘The Battler’”『英文学研究』第 49号(English Number 2008)
  • ☆「〈文学〉の脱領域−− A Farewell to Arms における翻訳、二重国籍、ハードボイルド」『アメリカ研究』第 43号(2009年)
  • ☆ “Another Style of Love: Self-Exploration by Detour in James Baldwin's Another Country,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 12, 2014

山根亮一(首都大学東京 助教) 2014年 7月
  • “Cosmos and Cosmopolitanism: Vehicles for William Faulkner’s American South”
  • ☆ “‘Dar Mr Jason car’: Persons in Transition in The Sound and the Fury,The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 10, 2012 *日本アメリカ文学会第 2回新人賞受賞
  • ☆ “‘Why Do They Live at All’: On the Southern Pneumatology in Absalom, Absalom!” 『英文学研究』第 58号(English Number 2017)

加藤有佳織(慶應義塾大学文学部 助教) 2014年 10月
  • “Transpacific Fakelore of the Asiatic: Relocating Ethnicity in Nikkei Literature and Native North American Literature”
  • ☆「大草原の日系移民−− Hiromi Goto, The Kappa Child (2001) をめぐる一考察」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 74号(2013年)
  • ☆ “Pioneer Narrative of an Internee Girl: Cynthia Kadohata’s Weedflower (2006) and Nikkei Reclaim for the American West,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 13, 2015

松井一馬 2015年 1月
  • “The Spectacle of the Empire: Haunting Figures in Henry James’s Later Works”
  • ☆「ヘンリー・ジェイムズの帝国−− “The Turn of the Screw”の革命」『アメリカ文学研究』第 47号(2011年)
  • ☆「メイジーのグレート・ゲーム:『メイジーの知ったこと』におけるオリエントの表象」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 78号(2017年)

【修士論文】
常山菜穂子(博士論文リスト参照) 1994年 3月
  • “The Metadramatic Imagination : Role-Players in Eugene O’Neill’s Late Plays”

白川恵子(博士論文リスト参照) 1994年 3月
  • “Darkness Invisible: A New Americanist Reading of William Styron’s The Confessions of Nat Turner”

竹野富美子 1994年 3月
  • “The Concept of Time in Nathaniel Hawthorne’s Works”

大串尚代(博士論文リスト参照) 1996年 3月
  • “Recanonizing Romance: Miscegenation and Transgression in the Works of Lydia Maria Child”

佐藤光重(博士論文リスト参照) 1996年 3月
  • “Apocalyptic Narratives: Memory and History in Anne Bradstreet’s Poetry”

秋元孝文(甲南大学文学部 教授) 1996年 3月
  • “Allegories of Orphan: Judaism, Cosmopolitanism, Modernism in Paul Auster’s Fiction”
  • ★(共著)『ポール・オースター (現代作家ガイド)』(彩流社、1996年)
  • ☆「重力の孤児−−Paul Auster, Mr Vertigo と20年代」『アメリカ文学研究』第 36号(2000年)
  • ☆「Ragged Dick’s Appearance−−読むこと、読まれることと社会的上昇」『英文学研究』第 84号(2007年)
  • ☆「紙の上のエメラルド・シティ−−The Wonderful Wizard of OZと紙幣制度」『アメリカ研究』第 45号(2011年)

河谷千佳子 1998年 3月
  • “The Rebirth of Tragedy: A Trans-Cultural Perspective on Jane Bowles’ Fiction”

中垣恒太郎(大東文化大学経済学部 准教授) 2000年 3月
  • “Mark Twain at the Turn of the Century: Anti-Semitism, Anti-Rationalism and Anti-Imperialism”
  • ☆「マーク・トウェインのコロンブス−−起源への探究」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 66号(2005年)

深瀬有希子(博士論文リスト参照) 2000年 3月
  • “All-Colored Velvet: Intertextuality and Multiethnicity in Toni Morrison’s Fiction”

波戸岡景太(博士論文リスト参照 ) 2001年 3月
  • “Going Native: Woman, Native, and Death in Thomas Pynchon’s Works”

小林久美子 2002年 3月
  • “Beyond the ‘Pale’: Autobiographical Writings by Four Women Writers in Turn-of-the Century America”

高浪三国 2002年 3月
  • “A Sargasso of the Imagination: Nathaniel West, the Radical Social Critic in the 1930s”

永野文香(博士論文リスト参照) 2003年 3月
  • “Towards the Poetics of the Nuclear Imagination: De-formation of Body Politic(s) in Vonnegut’s Novels”

辻秀雄(博士論文リスト参照) 2003年 3月
  • “Home Away from Home: The Domestic Imagination in Hemingway’s In Our Time

西山敦子 2004年 3月
  • “Even Tomboys Get the Blues: The History of Sexuality in the Works of Carson McCullers”

有光道生(慶應義塾大学法学部 准教授) 2005年 3月
  • “The Weight of Complex Physicality: Pleasure, Pain, and Pugilism in Ralph Ellison’s Invisible Man”
  • ★(共著)Ralph Ellison's Invisible Man (Bloom’s Modern Critical Interpretations, Chelsea, 2009)
  • ☆ “A Counter-Sign in the Punch Line: The Tragi-Comic Blending of Identities in Ralph Ellison’s Invisible Man,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 5, 2007

冨田佳子 2005年 3月
  • “Isabel Archer’s Self-Portrait: Deconstructing the Categories of Class, Gender, and Ethnicity”

海老原豊 2007年 3月
  • “The Cyborg Narrative Men Don’t See: Dis/embodiment, Sperm and Writing in James Tiptree Jr.’s Science Fiction”

大久保智子 2007年 3月
  • “Ambushed, Abandoned, and Acrobatic: Performance and Language in Sylvia Plath and Franz Kafka’s Writings”

松井一馬(博士論文リスト参照 ) 2007年 3月
  • “Twice-Turning the Century: Colonialism behind Apparitions in Henry James’s Later Works”

片原良子 2008年 3月
  • “The UN Making of Identity in Edgar Allan Poe's Gothic Fiction”

加藤有佳織(博士論文リスト参照) 2008年 3月
  • “Little Kappa on the Prairie: A Study of Hiromi Goto's Narrative Strategies”

富山寛之 2008年 3月
  • “A Journey into the Black Night: The Strategy of Ghost-Narrating in John Edgar Wideman's Fiction”

平松太郎 2010年 3月
  • “The Work of Art in the Age of Xerox Reproduction: Kathy Acker and Punk Zine Culture”

遠藤容代 2011年 3月
  • “Lessons of the Disciples: Truman Capote’s Acknowledgments for Newton Arvin”

濟藤葵 2011年 3月
  • “The Spell of Memory and Imagination: Gender Bending in Tim O’brien’s Novels”

管家万里江 2012年 3月
  • “Eyewitness Mauschwitz: Art Spiegelman and the Holocaust Representation”

志賀俊介 2013年 3月
  • “Transpacific/Transatlantic Indians: A Multicultural Reading of Jhumpa Lahiri”
  • ☆ “The Imaginary Space in Indian-American Fiction: A Catalyst for Rebellion in Jhumpa Lahiri’s The Lowland,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 15, 2017

田ノ口正悟 2013年 3月
  • “Towards the Rhetoric of Domesticity: A Transnational Reading of Herman Melville’s Arrowhead Stories”
  • ☆ “A Dead Author to Be Resurrected: The Ambiguity of American Democracy in Herman Melville’s Pierre,” The Journal of the American Literature Society of Japan, no. 15, 2017 *日本アメリカ文学会第 7回新人賞受賞

小泉由美子 2014年 3月
  • “Overlapping Voices: The Discourse of Conversion in Timothy Dwight’s Revolutionary Poems”
  • ☆「愛国の響き−−ティモシー・ドワイトの詩『グリーンフィールド・ヒル』(1794年)第四部「ピークォッド族の壊滅」を読む」『アメリカ研究』第 51号(2017年)

細野香里 2014年 3月
  • “The Art of Ambiguity: Rereading Mark Twain’s Pudd’nhead Wilson and Those Extraordinary Twins”

池邉遥香 2016年 3月
  • “The Sylvia Plath Affect: Animating the ‘Peanut-Crunching Crowd’”

上田裕太郎 2016年 3月
  • “A Private Machine: Technology and Modern City in Dashiell Hammett’s Writings”

内田大貴 2016年 3月
  • “The Worldly Mr. Nabokov: A Study on the Colorful Cultural Contexts of Lolita in Postwar America”

宇野藤子 2016年 3月
  • “The Black and Merciless behind Great Possessions: Money and Desire in Henry James’s Novels”

冨塚亮平 2016年 3月
  • “Friend as Beautiful Enemy: A Poetics of Distance in the Works of Ralph Waldo Emerson”

坂雄史 2016年 3月
  • “The Mirage of the American South: Rhetoric and Ideology in Robert Penn Warren’s Works”


( 2017 年 11月 30 日現在)