2017/11/14

11/21:修士論文中間報告会のお知らせ

11月 21日(火)に慶應義塾大学三田キャンパスにて、慶應義塾大学大学院英米文学専攻修士論文中間報告会が下記のとおり開催されます。アメリカ文学専攻からは、小林万里子さんが「共鳴する女性たち——ヘンリー・ジェイムズの “Professor Fargo” とThe Bostonians を中心に」をご発表されます!

慶應義塾大学大学院英米文学専攻
修士論文中間報告会
日時:2017年 11月 21日(火)9:00–12:45
会場:慶應義塾大学 三田キャンパス 南館 2B42
(※アクセス キャンパス

【プログラム】
アメリカ文学
  • 9:05–9:35 小林万里子「共鳴する女性たち——ヘンリー・ジェイムズの “Professor Fargo” とThe Bostonians を中心に」

英語史
  • 9:35–10:05 石坂佳奈絵「古英語の韻文における前置詞句と副詞的与格の通時的比較——手段・道具の機能に着目して」
  • 10:05–10:35 山本悠太「古英語における時間を表わす語の意味の場について」

イギリス文学
  • 10:45–11:15 近野幹結「Rebecca にみるレッテルを貼られた女たち」
  • 11:15–11:45 橋本麻紀「フィリップ・シドニーの葬送儀礼と哀悼歌に隠された意図」

英語学
  • 11:45–12:15 五所万実「「似ている」ことの社会言語学——商標の類似性判断にみる行政言語実践の日米比較」
  • 12:15–12:45 水留啓「日本語と英語の会話におけるメトニミーの発語内効力」


【関連リンク】

2017/10/07

2017年度 秋学期スケジュール

*敬称略・随時更新 //2017/11/16 更新

09/28 Introduction &リハ: 小林(日米協会)
10/05 リハ: 冨塚(日本ソロー学会)
10/12 リハ: 小泉(日本英文学会関東支部)
10/19 Chap. 1: 内田
10/26 Chap. 2: 池邉、榎本; Chap. 3: 冨塚
11/02 リハ: 小林(修論中間報告)
11/09 休講
11/16 Chap. 4: 榎本
11/23 祝日
11/30 Chap. 5: 池邉; Chap. 6: 小泉
12/07 Chap. 7: 冨塚、内田
12/14 2限: Chap. 8: 小林; Chap. 9: 小泉/5限: リハ: 小泉(東京支部)
12/21 休講
01/11 リハ
01/18 予備日

【テキスト】
J. Gerald Kennedy, Strange Nation: Literary Nationalism and Cultural Conflict in the Age of Poe (Oxford UP, 2016)


2017/04/13

2017年度 春学期スケジュール

*随時更新・敬称略  //2017/05/26 更新

04/13 イントロダクション
04/20 研究計画発表: 細野、冨塚、小泉
04/27 研究計画発表: 池邉、内田、大木
05/11 研究計画発表: 小林万里子、榎本、小林光
05/18 Introduction 先生
05/25 Chap. 1: 小泉; Chap. 2: 内田、池邉
06/01 Chap. 3: 小林万里子
06/08 Chap. 4: 池邉; Chap. 5: 冨塚
06/15 Chap. 6: 内田
06/22 Chap. 7: 冨塚、小林光; Chap. 8: 細野
06/29 休講(国際メルヴィル会議)
07/06 Chap. 9: 細野、榎本; Chap. 10: 大木
07/13 Chap. 11: 大木、小泉; Chap. 12: 小林光
07/20 2限: Chap. 13 & Epilogue: 榎本/5限: 学会リハ: 冨塚

【テキスト】
Lawrence Buell, The Dream of the Great American Novel. Cambridge: Belknap/Harvard UP, 2014.

2017/04/02

学位論文リスト

慶應義塾大学大学院文学研究科
英米文学専攻

各最上段:学位論文
★:単著・共著
☆:審査制度付学術雑誌発表論文

*随時更新
*修正や更新がございましたら、お手数ですがこちらまでご連絡ください。

【博士論文】
常山菜穂子(慶應義塾大学法学部 教授)2000 年 11 月

佐藤光重(成城大学文芸学部 准教授)2000 年 11 月
  • “Puritan Baroque: The Transformation of Renaissance Intellectual Traditions in Anne Bradstreet, Edward Taylor, and Cotton Mather”
  • ☆ “The Puritan Hall of Fame: Anne Bradstreet and the Renaissance Art of Memory”『英文学研究』(English Number 2000)
  • ☆ 「フランクリンとアングロ・アメリカ帝国の夢−−印紙条例の成立前後に見る国民感情」『アメリカ研究』第 47号(2013)

大串尚代(慶應義塾大学文学部 教授)2001 年 3 月
  • “Babylon Sisters: Captivity, Hybridity and Trans-Subjectivity in the American Romance of Lydia Maria Child”
  • 『ハイブリッド・ロマンス−−アメリカ文学にみる捕囚と混淆の伝統』(松柏社、2002年)
  • ☆「美男再生譚―Lydia Maria Child の Philothea に見る性差混乱」『アメリカ文学研究』第 35 号(1999)
  • ☆ “A Legacy of Female Imagination: Lydia Maria Child and the Tradition of Indian Captivity Narrative,” The Japanese Journal of American Studies, No. 15 (2004)
  • ☆ “Little House in the Far East: The American Frontier Spirit and Japanese Girls’ Comics,” The Japanese Journal of American Studies, No. 27 (2016)

白川恵子(同志社大学文学部 教授)2003 年 10 月
  • “Antebellum Monsters: Race and the Subversive Imagination in the American Narrative Tradition”
  • ☆ “The Paradox of Independence in Whitman’s Franklin Evans”『英文学研究』第 79 巻第 1 号(2002)
  • ☆「魔女狩り、インディアン−− John Nealの Rachel Dyer とアメリカ(文学)の独立」『アメリカ研究』第 41 号(2007)

大和田俊之(慶應義塾大学法学部 教授)2004 年 3 月

深瀬有希子(実践女子大学 准教授)2007 年 1 月
  • “Blackness at the Crossroads: Toni Morrison and Multicultural Modernism”
  • ☆「『ソロモンの歌』にみる民族誌的自己成型−−パッシング・ナラティヴの一考察」『英文学研究』第 82 巻(2005)
  • ☆「ブラック・ネイティヴィティの運命−−「クロスロード・ナラティヴ」としての『パラダイス』」『アメリカ文学研究』第 42 号(2006)

波戸岡景太(明治大学理工学部 准教授)2008 年 1 月
  • “A Menagerie of Representations: Thomas Pyncho’'s Place between Postmodernism and Ecocriticism”
  • 『ピンチョンの動物園』(水声社、2011年)
  • ☆「犬たちの沈黙−−Mason & Dixon(1997)にみる表象の可能性」『アメリカ文学研究』第 41 号(2005)
  • ☆「動物たちの困惑−−トマス・ピンチョンのポストモダン・エコロジー」『アメリカ研究』第 41 号(2007)
  • ☆ “The Sea around Them: Thoreau, Carson, and The Crying of Lot 49,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No.7 (2008)

永野文香 2010 年 3 月
  • “Surviving the World’s End: Hiroshima, History, and Testimony in Kurt Vonnegut’s Nuclear Fiction”
  • ★(共著)Kurt Vonnegut (Bloom’s Modern Critical Views, Facts on File, 2008)
  • ★(共著)New York: A Photographic Album (Universe, 2009)
  • ☆ “Surviving the Perpetual Winter: The Role of Little Boy in Vonnegut’s Cat’s Cradle,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No. 2 (2004)

辻秀雄(首都大学東京 准教授)2011 年 2 月
  • “Hemingway, the Extraterritorial: Style of Relation and the Rise of Hardboiled Modernism”
  • ☆「初期ヘミングウェイ文学に登場する黒人ボクサーの系譜−−モダニズム的言語運用と異人種間性的関係のメタファー」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 67 号(2006)
  • ☆ “Queer Realism vs. Hardboiled Modernism: Henry James’s ‘The Beast in the Jungle’ and Ernest Hemingway’s ‘The Battler’”『英文学研究』第 49号(English Number 2008)
  • ☆「〈文学〉の脱領域−− A Farewell to Arms における翻訳、二重国籍、ハードボイルド」『アメリカ研究』第 43号(2009)
  • ☆ “Another Style of Love: Self-Exploration by Detour in James Baldwin's Another Country,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No.12 (2014)

山根亮一(首都大学東京 助教)2014年 7月
  • “Cosmos and Cosmopolitanism: Vehicles for William Faulkner’s American South”
  • ☆ “‘Dar Mr Jason car’: Persons in Transition in The Sound and the Fury,The Journal of the American Literature Society of Japan, No.10 (2012) *日本アメリカ文学会第 2回新人賞受賞
  • ☆ “‘Why Do They Live at All’: On the Southern Pneumatology in Absalom, Absalom!” 『英文学研究』第 58号(English Number 2017)

加藤有佳織(慶應義塾大学文学部 助教)2014年 10月
  • “Transpacific Fakelore of the Asiatic: Relocating Ethnicity in Nikkei Literature and Native North American Literature”
  • ☆「大草原の日系移民−− Hiromi Goto, The Kappa Child (2001) をめぐる一考察」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 74号(2013)
  • ☆ “Pioneer Narrative of an Internee Girl: Cynthia Kadohata’s Weedflower (2006) and Nikkei Reclaim for the American West,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No.13 (2015)

松井一馬 2015年 1月
  • “The Spectacle of the Empire: Haunting Figures in Henry James’s Later Works”
  • ☆「ヘンリー・ジェイムズの帝国−− “The Turn of the Screw”の革命」『アメリカ文学研究』第 47 号(2011)

【修士論文】
常山菜穂子(博士論文リスト参照) 1994 年 3
  • “The Metadramatic Imagination : Role-Players in Eugene O’Neill’s Late Plays”

白川恵子(博士論文リスト参照) 1994 年3 月
  • “Darkness Invisible: A New Americanist Reading of William Styron’s The Confessions of Nat Turner”

竹野富美子 1994 年 3 月
  • “The Concept of Time in Nathaniel Hawthorne’s Works”

大串尚代(博士論文リスト参照) 1996 年 3 月
  • “Recanonizing Romance: Miscegenation and Transgression in the Works of Lydia Maria Child”

佐藤光重(博士論文リスト参照) 1996 年 3 月
  • “Apocalyptic Narratives: Memory and History in Anne Bradstreet’s Poetry”

秋元孝文(甲南大学文学部 教授)1996 年 3 月
  • “Allegories of Orphan: Judaism, Cosmopolitanism, Modernism in Paul Auster’s Fiction”
  • ★(共著)『ポール・オースター (現代作家ガイド)』(飯野友幸編著、彩流社、1996年)
  • ☆「紙の上のエメラルド・シティ−−The Wonderful Wizard of OZと紙幣制度」『アメリカ研究』第 45号(2011)
  • ☆「Ragged Dick’s Appearance−−読むこと、読まれることと社会的上昇」『英文学研究』第 84 号(2007)
  • ☆「重力の孤児−−Paul Auster, Mr Vertigo と20年代」『アメリカ文学研究』第 36 号(2000)

河谷千佳子 1998 年 3 月
  • “The Rebirth of Tragedy: A Trans-Cultural Perspective on Jane Bowles’ Fiction”

中垣恒太郎(大東文化大学経済学部 准教授)2000 年 3 月
  • “Mark Twain at the Turn of the Century: Anti-Semitism, Anti-Rationalism and Anti-Imperialism”
  • ☆「マーク・トウェインのコロンブス−−起源への探究」『アメリカ文学』日本アメリカ文学会東京支部会報 第 66 号(2005)

深瀬有希子(博士論文リスト参照) 2000 年 3 月
  • “All-Colored Velvet: Intertextuality and Multiethnicity in Toni Morrison's Fiction”

波戸岡景太(博士論文リスト参照 )2001 年 3 月
  • “Going Native: Woman, Native, and Death in Thomas Pynchon’s Works”

小林久美子 2002 年 3 月
  • “Beyond the ‘Pale’: Autobiographical Writings by Four Women Writers in Turn-of-the Century America”

高浪三国 2002 年 3 月
  • “A Sargasso of the Imagination: Nathaniel West, the Radical Social Critic in the 1930s”

永野文香(博士論文リスト参照)2003 年 3 月
  • “Towards the Poetics of the Nuclear Imagination: De-formation of Body Politic(s) in Vonnegut’s Novels

辻秀雄(博士論文リスト参照)2003 年 3 月
  • “Home Away from Home: The Domestic Imagination in Hemingway’s In Our Time

西山敦子 2004 年 3 月
  • “Even Tomboys Get the Blues: The History of Sexuality in the Works of Carson McCullers”

有光道生(慶應義塾大学法学部 准教授)2005 年 3 月
  • “The Weight of Complex Physicality: Pleasure, Pain, and Pugilism in Ralph Ellison’s Invisible Man”
  • ★(共著)Ralph Ellison's Invisible Man (Bloom’s Modern Critical Interpretations, Chelsea, 2009)
  • ☆ “A Counter-Sign in the Punch Line: The Tragi-Comic Blending of Identities in Ralph Ellison’s Invisible Man,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No.5 (2007)

冨田佳子 2005 年 3 月
  • “Isabel Archer’s Self-Portrait: Deconstructing the Categories of Class, Gender, and Ethnicity”

海老原豊 2007 年 3 月
  • “The Cyborg Narrative Men Don’t See: Dis/embodiment, Sperm and Writing in James Tiptree Jr.’s Science Fiction”

大久保智子 2007 年 3 月
  • “Ambushed, Abandoned, and Acrobatic: Performance and Language in Sylvia Plath and Franz Kafka’s Writings”

松井一馬(博士論文リスト参照 ) 2007 年 3 月
  • “Twice-Turning the Century: Colonialism behind Apparitions in Henry James’s Later Works”

片原良子 2008 年 3 月
  • “The UN Making of Identity in Edgar Allan Poe's Gothic Fiction”

加藤有佳織(博士論文リスト参照) 2008 年 3 月
  • “Little Kappa on the Prairie: A Study of Hiromi Goto's Narrative Strategies”

富山寛之 2008 年 3
  • “A Journey into the Black Night: The Strategy of Ghost-Narrating in John Edgar Wideman's Fiction”

平松太郎 2010 年 3 月
  • “The Work of Art in the Age of Xerox Reproduction: Kathy Acker and Punk Zine Culture”

遠藤容代 2011 年 3 月
  • “Lessons of the Disciples: Truman Capote’s Acknowledgments for Newton Arvin”

濟藤葵 2011 年 3 月
  • “The Spell of Memory and Imagination: Gender Bending in Tim O’brien’s Novels”

管家万里江 2012 年 3 月
  • “Eyewitness Mauschwitz: Art Spiegelman and the Holocaust Representation”

志賀俊介 2013 年 3 月
  • “Transpacific/Transatlantic Indians: A Multicultural Reading of Jhumpa Lahiri”
  • ☆ “The Imaginary Space in Indian-American Fiction: A Catalyst for Rebellion in Jhumpa Lahiri’s The Lowland,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No.15 (2017)

田ノ口正悟 2013 年 3 月
  • “Towards the Rhetoric of Domesticity: A Transnational Reading of Herman Melville’s Arrowhead Stories”
  • ☆ “A Dead Author to Be Resurrected: The Ambiguity of American Democracy in Herman Melville’s Pierre,” The Journal of the American Literature Society of Japan, No.15 (2017) *日本アメリカ文学会第 7回新人賞受賞

小泉由美子 2014 年 3 月
  • “Overlapping Voices: The Discourse of Conversion in Timothy Dwight’s Revolutionary Poems”
  • ☆「愛国の響き−−ティモシー・ドワイトの詩『グリーンフィールド・ヒル』(1794年)第四部「ピークォッド族の壊滅」を読む」『アメリカ研究』第 51号(2017)

細野香里 2014 年 3 月
  • “The Art of Ambiguity: Rereading Mark Twain’s Pudd’nhead Wilson and Those Extraordinary Twins”

池邉遥香 2016年 3月
  • “The Sylvia Plath Affect: Animating the ‘Peanut-Crunching Crowd’”

上田裕太郎 2016年 3月
  • “A Private Machine: Technology and Modern City in Dashiell Hammett’s Writings”

内田大貴 2016年 3月
  • “The Worldly Mr. Nabokov: A Study on the Colorful Cultural Contexts of Lolita in Postwar America”

宇野藤子 2016年 3月
  • “The Black and Merciless behind Great Possessions: Money and Desire in Henry James’s Novels”

坂雄史 2016年 3月
  • “The Mirage of the American South: Rhetoric and Ideology in Robert Penn Warren’s Works”


(2017 年 4 月 1 日現在)

2017/04/01

米文学特殊研究 Ⅰ&II

米文学特殊研究 Ⅰ&II
2017年度 春学期・秋学期 木5(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:後期博士課程
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
博士号請求論文執筆中の者を中心に、論文作成法を徹底指導する。その結果出来上がる論文は、あらゆる意味で模範的でなくてはならない。仮に模範を根底から転覆する方法論を採るものであっても、それは例外ではない。博士 1年には年間 50冊程度の代表的批評書・研究書を課し、年間 2本の英文レポート( 2,000〜 2,500語程度)提出を要求する。博士 2年には全国規模の学会での発表に向けた計画を立てさせる。最終的には、博士 3年の段階にて、レフェリー制度を持つ内外の代表的学術誌の審査をゆうに通過する高水準の論文が輩出することを望む。学位論文を一冊の研究書とする際の編集技術についても、根本的に再検討する。

【テキスト】
ウィリアム・ジャマーノ『ジャマーノ編集長 学術論文出版のすすめ』、(慶應義塾大学出版会、2012年)。


William Germano, From Dissertation to Book. Chicago: U of Chicago P, 2005.


その他卒論ガイド、MLAハンドブックなど。

(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

文芸批評史 Ⅰ&II: 新批評から文化研究まで

文芸批評史 Ⅰ&II
新批評から文化研究まで
2017年度 春学期・秋学期 水2(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
文学批評理論はきわめて学際的な分野である。現代に限っても、ロシア・フォルマリスムや新批評、脱構築、ひいては構造主義から新歴史主義やポスト・コロニアリズム、クイア・リーディングへ至る歴史において、文学批評は何よりも自らの属する枠組み自体をたえまなく再検討し、その結果、今日では文学史と文化史を切り離して考えることはできなくなっている。そこには、いかなる文芸批評史の流れが作用していたのかを、根本に立ち戻って考え直す。

【テキスト】
Robert Con Davis & Ronald Schleifer, eds., Contemporary Literary Criticism: Literary and Cultural Studies. 4th ed. New York: Longman, 1998.


(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

米文学特殊講義 Ⅰ&II / 米文学特殊研究演習 Ⅰ&II: アメリカ文学思想史

米文学特殊講義 Ⅰ&II / 米文学特殊研究演習 Ⅰ&II
アメリカ文学思想史
2017年度 春学期・秋学期 木2(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)&後期博士課程
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
現代のアメリカ文学研究の最先端に習熟する。今年はロレンス・ビュエルとジェラルド・ケネディの最新刊を読む。

【テキスト】
Lawrence Buell, The Dream of the Great American Novel. Cambridge: Belknap/Harvard UP, 2014.


J. Gerald Kennedy, Strange Nation: Literary Nationalism and Cultural Conflict in the Age of Poe. Oxford: Oxford UP, 2016.


(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

現代英米文学特殊演習 I & II: Reading Contemporary American Literature

現代英米文学特殊演習 I & II
Reading Contemporary American Literature
2017年 春学期・秋学期 火3(半期:2単位)
三田キャンパス
大串尚代(文学部)
設置課程:後期博士課程
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
本講義では、最新のアメリカ小説を読み進め、当該作品の文学史的意義を考察する。同時に、自身の研究対象との関連性、研究分野の拡大を考えることを目的とする。春学期はColson Whitehead によるWhitehead, Colson, Underground Railroad: A Novel (2016) を通読する。秋学期は Joyce Carol Oates によるA Book of American Martyrs (2017) を通読する。

【テキスト】
Whitehead, Colson, The Underground Railroad: A Novel. Doubleday, 2016.


Oates, Joyce Carol. A Book of American Martyrs. Ecco, 2017.


(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

現代英米文学特殊講義 IIC: Literature in Global Context

現代英米文学特殊講義 IIC
Literature in Global Context
2017年 秋学期火2(半期:2単位)
三田キャンパス
大串尚代(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
17世紀から始まった奴隷貿易、18世紀後半から19世紀にかけてはじまった植民地主義と帝国主義は、人間というものをどのように定義し、どのような文学を生み出したのか。Lisa Lowe の The Intimacies of Four Continents を通読し、グローバル化する時代における文学および人文学について考える。

【テキスト】
Lowe, Lisa. The Intimacies of Four Continents. Duke UP, 2015.

(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

現代英米文学特殊講義 IC: Reconsidering Indian Captivity Narrative

現代英米文学特殊講義 IC
Reconsidering Indian Captivity Narrative
2017年 春学期火2(半期:2単位)
三田キャンパス
大串尚代(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
アメリカン・ナラティヴの原型のひとつになっているインディアン捕囚体験記を再読し、その意義を現代の文学批評の文脈から再定義することを目的とする。「捕囚」のイメージがどのように文学において表象されているか、また捕囚体験記に見られる性差と人種の問題にも着目する。

【テキスト】
Edited by Kathryn Zabelle Derounian-Stodola, Women’s Indian Captivity Narratives (Penguin Classics, 1998)


(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

米文学特殊講義演習 Ⅰ&II: アメリカ扇情文学研究

米文学特殊講義演習 Ⅰ&II
アメリカ扇情文学研究
2017年 春学期・秋学期 金2(半期:2単位)
三田キャンパス
宇沢美子(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
春学期「アメリカ扇情文学研究−− 1840年代 Flash Press の動向」:1840年代はじめ、ニューヨークの性的な暗黒面が、一般市民の知るところとなり、裁判沙汰にまでなったのは、それを面白おかしく書きたてた労働者・事務職階級向けの醜聞新聞の存在によるところが大きい。殺人事件あり、性的ゴシップあり、演劇情報あり、スポーツ賭け事関連など、都会の裏情報は、この時期ニューヨークに出現したゴシップ新聞によって、扇情的にかき立てられていきました。春学期はこの Flash Pressと呼ばれた1840年代の醜聞新聞について、その文化的、社会的、文学的背景をこの分野の先行研究から探るとともに、典型的な記事(抜粋)を主要テクストとして検討します。初回授業において各回で検討する二次資料のリストを配布します。

秋学期「アメリカ扇情文学研究−− George Thompsonの暗黒都市ミステリーを読む」:後期はアメリカ扇情文学研究を George Thompson (1823-1873) の暗黒都市ミステリー作品の検討を通して行います。Thompson は19世紀 antebellum 期を代表するパルプフィクション作家でした。社会の上流階級の偽善や欺瞞をあばき、下層階級がいかに社会の犠牲となっているかを描くことを得意とする、同時代の時として俗悪な「リアル」を追求した作家でした。作品が実録犯罪記とポルノグラフィー的側面を併せ持つことで、その扇情的で好色なところが、大いなる人気を得た一因とも考えられています。ジェンダー、階級、政治、人種、経済、犯罪他の同時代文脈にその作品を置くことで、Thompson がいかに多面的な作家であったかを考察していきます。

【テキスト】
Patricia Cline Cohen, Timothy J. Gilfoyle, and Helen Lefkowitz Horowitz eds., The Flash Press: Sporting Male Weeklies in 1840s New York (Chicago: U. of Chicago P, 2008).


George Thompson, Venus in Boston and Other Tales of Nineteenth-Century City Life (Amherst & Boston: U of Massachusetts P, 2002).

(慶應義塾大学 HP 講義要項より抜粋)

2016/10/16

2016年度院ゼミ秋学期スケジュール

*随時更新・敬称略 // 2016/12/22 更新

09/29 休講(日米協会「アメリカ研究者の集い」)
10/06 Chap. 1
10/13 休講(先生パリ出張)
10/20 学会リハ: 2 & 5限(冨塚、内田、小泉)

<マーク・セルツァー先生(※スーパーグローバル事業)>
10/25 細野、小泉
10/27 志賀、田ノ口
11/01 冨塚、内田、大木(雛)
11/03 大木(克)、小林

11/10 休講
11/17 休講(三田祭)
11/24 Chap. 3 内田
12/01 Chap. 4 大木
12/08 2限 Chap. 5 小泉 / 5限 Chap. 6 志賀
12/15 5限 Chap. 7, 8 小林、冨塚(忘年会) 
12/22 休講
01/12 2限 Chap. 9, 10 細野、田ノ口 / 5限 学会リハ(内田)
01/19 Chap. 2

【テキスト】
Mark Seltzer, The Official World (Duke UP, 2016)

2016/04/07

2016年度院ゼミ春学期スケジュール

*随時更新・敬称略 // 2016/04/21更新

04/07 研究計画:細野、小泉
04/14 研究計画:5限:志賀、冨塚、池邉
04/21 研究計画:内田、大木、小林
04/28 日本英文学会リハ:細野、小泉(夜:新歓)
05/12 イントロ
05/19 Chap. 1 内田
05/26 Chap. 2 冨塚
06/02 授業有(前半試験日・補講日)Chap. 3 冨塚
06/09 Chap. 4&5 小泉・細野
06/16 Chap. 6&7 大木・細野
06/23 休講
06/30 Chap. 8&9 内田・小林
07/07 Chap. 12&13 小泉・小林
07/14 Chap. 10&11 志賀
07/21 予備日

【テキスト】
Shelley Fisher Fishkin, Writing America: Literary Landmarks from Walden Pond to Wounded Knee. New Brunswick: Rutgers UP, 2015.


2016/04/01

米文学特殊研究 Ⅰ&II

米文学特殊研究 Ⅰ&II
2016年度 春学期・秋学期 木5(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:後期博士課程
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
博士号請求論文執筆中の者を中心に、論文作成法を徹底指導する。その結果出来上がる論文は、あらゆる意味で模範的でなくてはならない。仮に模範を根底から転覆する方法論を採るものであっても、それは例外ではない。博士1年には年間50冊程度の代表的批評書・研究書を課し、年間2本の英文レポート(2,000〜2,500語程度)提出を要求する。博士2年には全国規模の学会での発表に向けた計画を立てさせる。最終的には、博士3年の段階にて、レフェリー制度を持つ内外の代表的学術誌の審査をゆうに通過する高水準の論文が輩出することを望む。学位論文を一冊の研究書とする際の編集技術についても、根本的に再検討する。

【テキスト】
ウィリアム・ジャマーノ『ジャマーノ編集長 学術論文出版のすすめ』、(慶應義塾大学出版会、2012年)。


William Germano, From Dissertation to Book. Chicago: U of Chicago P, 2005.


その他卒論ガイド、MLAハンドブックなど。

(慶應義塾大学 HP 講義要項より一部抜粋)

米文学特殊講義 Ⅰ&II / 米文学特殊研究演習 Ⅰ&II 「アメリカ文学思想史 1&2」

米文学特殊講義 Ⅰ&II / 米文学特殊研究演習 Ⅰ&II
「アメリカ文学思想史 1&2」
2016年度 春学期・秋学期 木2(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)&後期博士課程
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
現代のアメリカ文学研究の最先端に習熟する。今年はシェリー・フィッシャー・フィシュキンとマーク・セルツァーの最新刊を読む。

【テキスト】
Shelley Fisher Fishkin, Writing America: Literary Landmarks from Walden Pond to Wounded Knee. New Brunswick: Rutgers UP, 2015.


Mark Seltzer, The Official World. Durham: Duke UP, 2016.

(慶應義塾大学 HP 講義要項より一部抜粋)

文芸批評史 Ⅰ&II

文芸批評史 Ⅰ&II
2016年度 春学期・秋学期 水2(半期:2単位)
三田キャンパス
巽孝之(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
文学批評理論はきわめて学際的な分野である。現代に限っても、ロシア・フォルマリスムや新批評、脱構築、ひいては構造主義から新歴史主義やポスト・コロニアリズム、クイア・リーディングへ至る歴史において、文学批評は何よりも自らの属する枠組み自体をたえまなく再検討し、その結果、今日では文学史と文化史を切り離して考えることはできなくなっている。そこには、いかなる文芸批評史の流れが作用していたのかを、根本に立ち戻って考え直す。

【テキスト】
Robert Con Davis & Ronald Schleifer, eds., Contemporary Literary Criticism: Literary and Cultural Studies. 4th ed. New York: Longman, 1998.

現代英米文学特殊講義 IIC “Barbara Johnson and Posthuman Studies”

現代英米文学特殊講義 IIC
“Barbara Johnson and Posthuman Studies”
2016年 秋学期火2(半期:2単位)
三田キャンパス
大串尚代(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
本講座では、Barbara Johnsonの Persons and Things および A Life with Mary Shelley を精読し、モノと人、死者と生者、機械と人間といった区別の曖昧さと恣意性について考察し、ポストヒューマンの概念を議論する。さらに、そのような認識がいかに感情・情動の問題と結びつくのかを考察する。

【テキスト】
Johnson, Barbara. Persons and Things. Cambridge: Harvard UP, 2008.


---. A Life with Mary Shelley. Stanford: Stanford UP, 2014.


(慶應義塾大学 HP 講義要項より一部抜粋)

現代英米文学特殊講義 IC “American Iconography”

現代英米文学特殊講義 IC
“American Iconography”
2016年 春学期火2(半期:2単位)
三田キャンパス
大串尚代(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
植民地時代より、アメリカはさまざまなイメージによって表象されてきた。19世紀前半から半ばにかけて、政治的・社会的に激動の時代をむかえるアメリカにおいて、国家がどのように表象されていたのかを、Shirley Samuels, Facing America および Romances of the Republic を通読することによって再考する。

【テキスト】
Samuels, Shirley. Facing America: Iconography and the Civil War. (Oxford UP, 2004)


---. Romances of the Republic: Women, the Family, and Violence in the Literature of the Early American Nation(Oxford UP, 1996)


(慶應義塾大学 HP 講義要項より一部抜粋)

米文学特殊講義演習 Ⅰ&II 「黄禍論の再検討 1&2」

米文学特殊講義演習 Ⅰ&II
「黄禍論の再検討 1&2」
2016年 春学期・秋学期 金2(半期:2単位)
三田キャンパス
宇沢美子(文学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
イエローペリル/黄禍論とは何か?「白」い「西洋」にとって「脅威」としての他者(「黄」/東洋/アジア/ほか)という定番な二極性をもった定義をこえる黄禍はありえなかったのだろうか?本講座ではこうした問いに対する答えを模索するべく、さまざまな「黄禍論」を再検討する予定です。「黄」とは、「禍」とは何でありえたのか?春学期は黄禍論アンソロジーを用いて、近代以前から存在した「黄禍論」レトリックやイメージから始まる概念史を概観した上で、特に19-20世紀英米に関わるアンソロジー後半部の文献の解釈を掘り下げていきます。秋学期は、さらに、黄禍論と表裏をなす美なる異国アジアをうみだした日本趣味/中国趣味(エスノグラフィーとしての文学)から、黄禍(論)の化身と自ら名乗ったフーマンチューをめぐる通俗文学論まで、前期アンソロジーにはない視点をできるかぎり加えながら、黄禍論ー論を深めていく計画です。第一回目の授業のおりに、文献リストを配布します。

【テキスト】
John Kuo Wei Tchen and Dylan Yeats eds., Yellow Peril!: An Archive of Anti-Asian Fear (New York: Verso, 2014)


(慶應義塾大学 HP 講義要項より一部抜粋)

現代英米文学特殊講義 IB 「アメリカ演劇と大西洋横断的交渉」

現代英米文学特殊講義 IB
「アメリカ演劇と大西洋横断的交渉」
2016年 春学期火1(半期:2単位)
三田キャンパス
常山菜穂子(法学部)
設置課程:前期博士課程(修士課程)
設置学部・研究科:文学研究科

【内容】
2000年代に入り、グローバリゼーションの現象と概念が意識的 / 無意識的に依拠してきた「世界の中心としてのアメリカ」の地位が揺らぐと、アメリカ研究にアメリカを脱中心化する動きが生まれました。そこで浮上するのが、たとえば、アメリカを不動不変の「大陸」と見なすのではなく、「海」に囲まれ常に外部との交渉にさらされる「島」として捉えるような視点です。昨年度に引き続いて本授業では、この新思潮をアメリカ演劇研究に援用し、アメリカ演劇をより相対的に捉えると共に、そのような作業を通して演劇史を再考します。

具体的には20世紀初頭のブロードウェイを、役者のみならず商品や技術の大西洋横断的交渉から捉えなおします。

【テキスト】
Marlis Schweitzer, Transatlantic Broadway: The Infrastructural Politics of Global Performance (Palgrave Macmillan, 2015)


(慶應義塾大学 HP 講義要項より一部抜粋)